【浜崎りお(森下えりか、篠原絵梨香)】モザイクは薄めだが大きい – (生)流出! プライベート異常性戯 りお*Fカップ

投稿者: | 2020年11月5日

(生)流出! プライベート異常性戯 りお*Fカップ

Fカップの美爆乳にくびれたウエスト、細くて長い腕と脚。

非の打ちどころの無いパーフェクトボディの持ち主・りおちゃんのプライベートはこんなにもエロかった!全裸になっただけで糸を引くほどにマ○コを濡らし、ザーメンの匂いを嗅ぎながらオナニーでイク!拘束電マでは潮を吹きながら何度もアクメに達するのです。

「(生)流出! プライベート異常性戯 りお*Fカップ」の本編動画はこちらから

女優名: 浜崎りお(森下えりか、篠原絵梨香)

プライベート感覚

プライベート感覚が出ててなかなか良かったです。

いろいろなパーターンでのエロシーン満載で満足しました。

この女優さんのヘアの処理はそそります!!

「僕と彼女の異常性戯の日々」というタイトルと思って見よ

完成されたメイクとカメラへの笑顔を見た瞬間、フェイクドキュメンタリーとして中途半端で失敗していると思った。

この生々しい映像が氾濫する時代、フェイクドキュメンタリーをそれらしく見せるのは容易ではない。

もっと徹底的に作り込まないとドキュメンタリーに見えないのだ。

かつて相澤リナの作品に、そういう徹底して作り込んだものがあった。

それでエロく見られるかというとまた別問題で、作り込む苦労をしてエロくないのならばさほど意味がない気もする。

カラミが始まってもその違和感が拭えず、失敗作としてざっと流してみようか迷っていた。

マンぐり返しのバイブ責めという珍しいプレイが始まった…小難しいAV論はどうでもよくなった。

珍しいプレイとよがる浜崎にやられた(笑)その後は作品の濃密なエロ世界にのめり込んだ。

(浜崎作品ではこういうパターンが多い…)製作者は売り出す前に気付くべきだった。

この作品は「浜崎りおのプライベートの(フェイク)ドキュメンタリー」として売るんじゃなく、「とあるカップルのプライベートのドキュメンタリー風AV」として売った方がはるかにユーザーに訴えると。

フェイクドキュメンタリーとして作ったとしても、あえて演出された作品として売り出すべきだったのだ。

そういう心がまえで見始めると、なんとよくできたエロ作品のことか!風呂場のいちゃいちゃ、音声聞こえないのが残念だが雰囲気良い。

ちんぐり返しパイズリ、固定カメラが不思議と寄るより効いている。

彼氏の友達へのフェラ、素直なセックス人形ぶりが可愛い。

おしっこポーズでの指マン・挿入はレアプレイ。

そういやこの体制で上から吊るした浜崎がやられるところなんか見たかった。

しかし、指と比較するとなんと小さい浜崎の穴………欲を言えば乳フェチがやや足りない。

「今日生理なの、ゴメン」「あ、じゃあ今日はおっぱいだけで試してみるか?」なんぞという場面を妄想してさらに興奮。

展開がのんびりしていると感じるかもしれないが、これは散々回数重ねたカップルが一つ一つのプレイをじっくり味わっている、という演出。

そこに感情移入してみるといい。

浜崎と日々「追求」している気分が味わえる。

全編に渡ってやり続け感じ続ける。

乳神はセックス神に昇格!<浜崎りお作品はレベルが高いので☆の価値切り上げてます。

実質☆10以上>

撮り方が○

童顔だが、個人的には制服が似合わない女性だと思います。

スケベな衣装モノなど、彼女の持ち味を十分に堪能できる作品だと思います。

モザイクは薄めだが大きい

相変わらず、すばらしいオッパイですね。

この作品でも、りおちゃんの超美巨乳が堪能できます。

ただ、プライベート撮りということか、撮り・画質が悪いシーンが多々ありました。

また、モザイクは薄めではありますが、かなり大きいのが残念でした。

「(生)流出! プライベート異常性戯 りお*Fカップ」の本編動画はこちらから