【河合あすな】最近河合あすなにハマらない – 1VS1【※演技一切無し】本能剥き出しタイマン4本番 ACT.16 台本演出一切無し、只々貪り合う1対1のSEX…女優の本音と女優の本気見せます。 河合あすな

投稿者: | 2020年11月6日

1VS1【※演技一切無し】本能剥き出しタイマン4本番 ACT.16 台本演出一切無し、只々貪り合う1対1のSEX…女優の本音と女優の本気見せます。 河合あすな

プレステージ専属女優『河合 あすな』が本能剥き出しで乱れ合う1対1のガチンコセックスを魅せつける!選ばれし4名の男優が心と体をぶつけ合い、最高の快楽を彼女に与えまくる!2人きりの空間で、素顔で向き合いお互いの本能を呼び覚ます!獣のように絡み合い激しいピストンで燃え上がり、日常では到達できない幾度もの絶頂と快楽を噛み締める…。

それぞれの男優との本気のセックスで、AV女優としての真骨頂を発揮!演出・台本一切無し。

シンプルかつ究極のセックスがここにある!!

「1VS1【※演技一切無し】本能剥き出しタイマン4本番 ACT.16 台本演出一切無し、只々貪り合う1対1のSEX…女優の本音と女優の本気見せます。 河合あすな」の本編動画はこちらから

女優名: 河合あすな

絡みよりは今後AV女優を目指す子たちのエールになる作品

Wエースの一人 あやみ旬果が業界を去って久しいが 生え抜きでだれが彼女の後を継ぐのかを 河合嬢と永瀬みなも嬢のどちらかになると思っている河合嬢は 天然で変態性を持ち 永瀬嬢は元アイドルらしく インタビューにも丁寧に答え 男優にもため口で話さない。

エロさは甲乙つけ難い。

潮吹きでは永瀬嬢が一歩リードという感じ。

この作品でも 河合あすなは 大きく永瀬みなもを引き離すには至らなかった。

が河合嬢のAV女優としての葛藤や AVが生きていく糧を与えてくれたことなど今後AV女優になりたい子たちへのエールになる作品ともいえる1対1の作品は過去の作品は 女優らが赤裸々に自分を表現する内容だったがいつのころからか 短なるハメ撮りや必要最小限での撮影のていとなってしまったのが残念だ。

少人数が女優も周りを気にしないし ハメ撮りは没頭できるメリットはあるが河合あすなにこれは必要ないのじゃないかな今回絡みに間のインタビューでAVが自分の居場所を与えてくれて 自信をもってできるようになったことなど AV女優になりたい子たちにこのシーンは見てほしい。

絡み自身は もうひとつ。

この作品の前に 人生初トランスをなぜリリースしないのか疑問。

9月で引退する藤江嬢もキャリア変わらないのに撮っているのだからコンプしたい方は購入をどうぞ。

本番よりインタビューが印象的

作品は温い内容、ベテラン男優との本番から始まり、ぎこちない痴女(かわいい)SEX、チャラい男優とハメドリ、共演回数の多いヒョロ男優と素らしい本番。

インタビューのほうが印象に残りました。

特典は媚薬マッサージからのフェラ。

台本通りっぽく感じるぜ

演技一切なしと言う割には台本通りっぽく感じますね。

プライベート感がまるっきり無くて制服無理やり着せられてる感じが台本通りとなっている気がします。

ただ演技一切なしというコンセプトはちょっと違う気がしました。

個人的に思うのはプレステージの仕組みがマンネリ。

河合あすなをオッパイメーカーかムーディーズメーカーに移籍すれば違ったものが楽しめるかと思うのですけどね。

最初は良い

最初は黒いランジェリーで、駅弁、対面立位、立ちバックして顔射。

揺れる美巨乳が良い。

次は黒のボディストッキングで手コキ発射。

(ハメてほしかったな)次はJKブラウスで立ちバックあるがアングル悪い。

舌上発射。

ラストは普通に絡んで顔射。

1VS1【※演技一切無し】本能剥き出しタイマン4本番

このメーカーなんでこんなもんかなって感じですねここに言いたい事は撮り方が全て、自分に合いませんこのカメラワークでよく人気があるメーカーだな私には全て、どの作品も中途半端に見えますが1対1と言ってもハメ撮り調が好きな方限定じゃないかな部屋を使って右往左往動き過ぎだしね某、交わる体液とか紋℃より酷いと思う女優さんは可愛いんで移籍して欲しいなあって

最高のデキ

河合あすなの作品は全部見ていますが、前作は、最低のデキでしたが、これは最高のデキです。

もう、ヤバかったです。

私のようなファンにはたまりませんでした!

台本、演出、有りまくりじゃん

ハメ撮りコーナーだけど、何で制服を着ての着衣セックス?コスチューム着てのセックスは他のコーナーでドレスだのSM風だの着て撮影したんだから、ハメ撮りは、完全に普段の女優のセックスを再現したコーナーにするべきだった。

制服なんて着せたおかげでプライベート感が台無しになり企画臭プンプンになってしまった。

制服なんて着せてる時点で演出してるの丸出しで「台本、演出一切無し」が消し飛ぶ。

ほんとこのメーカー、制服着せての着衣セックスが多いね。

制服着せてセックスすれば、視聴者が喜ぶとでも?制服着せての着衣セックスなんて、AV作品に溢れかえってて視聴者は飽き飽きしてる。

それを、「台本、演出一切無し」と題にした作品でまでやっちゃうところがこのメーカーの悲しいところ。

最高でした

台本感がなく素のあすなちゃんのいやらしい姿が見ることができて非常に満足!!これからも応援し続けます。

えっちぃなぁ

序盤と2回戦目は流石にえっちぃですw見ごたえありました3回戦目からは馴れ合いなぁなぁな空気が漂っていて、ちょっと残念台本も演出もありありだけどAVのタイトルなんて所詮はそんなものタイマン4本番=3p、4pないよってお話ですね

河合あすなの「AV女優青春物語」

プレステージ専属のHカップ女優「河合あすな」が選ばれし4名の男優達と繰り広げるガチンコ勝負の4本番。

業界の大スター「紗倉まな」に憧れてAV女優を志したというあすな嬢。

ライバルメーカーの看板女優の名をためらいもなく口にするあたりに彼女の「ガチっぷり」がうかがえる。

「これ(AV)しかやることない」とAV一択で迷うことなく突き進んでいくマイウェイ。

気がつけば、大手メーカーの看板女優として「絶対王者(紗倉まな)」と肩を並べるような存在となる。

その一方で「(でかすぎる)おっぱいを切り落としたい」「キレイ系とは程遠い顔」とコンプレックスを隠そうとしない等身大のキャラクターが共感を呼ぶ。

AVのセックスを「幸せ」「月イチのご褒美」と言ってのけるナチュラルボーンAV女優。

まさに「天性」。

そんなあすな嬢と対峙する一人目の男優は、「ザ・ピストン」の異名を持つ巨根モンスター「黒澤透」。

怪力で軽々と彼女の身体を抱え上げると駅弁FUCKでユッサユッサと鬼ピストン。

「月に1作品のみ」という専属契約のあすな嬢にとっては、まさに現場でのエッチはサラリーマンにとっての「給料日」のような感覚。

セックスのために生きる、それが河合あすな。

二人目は、「名もなきM」と呼ばれる寡黙だがマゾを極めた変態オヤジ。

性格の良さに定評がある彼女の「意地悪な部分」を巧みに引き出していくSMルームでのマニアックな邂逅。

三人目は、女優本来のキャラクターを活かす雰囲気づくりの達人「ゆうき」。

イケメン相手とのノリノリなセックスは、あすな嬢いわく「まるで初体験の時のような」新鮮なワクワクドキドキ感を思い出させてくれる。

そして、ラストの四人目は、河合あすなとの共演回数ナンバーワンというAV界でもっとも名誉な記録を持つ若手俳優「タツ」。

彼女とて20代前半の女の子。

「なんだかんだ言っても」一番仲良くて一番好きな男の子とセックスする時が一番興奮する。

実にシンプルかつストレートな答え。

正常位の最中に思わず涙が溢れたのは、たとえ月イチしか会えない関係でも「そこに確かに『愛』があった」からである。

あすな嬢を疑似恋愛的に応援しているファン(いわゆる『ガチ恋勢』)にとっては、正直「複雑な気分になる作品」であるが、一人のAV女優の「心の成長」を切り取った青春ドラマといえる興味深い一本。

最近河合あすなにハマらない

vsシリーズも河合あすなも好きなのに抜けない。

タツが毎回出てくるし…。

「1VS1【※演技一切無し】本能剥き出しタイマン4本番 ACT.16 台本演出一切無し、只々貪り合う1対1のSEX…女優の本音と女優の本気見せます。 河合あすな」の本編動画はこちらから