【新谷彩夏】いいような悪いような。 – 白衣の生贄 新谷彩夏

投稿者: | 2020年11月23日

白衣の生贄 新谷彩夏

とある医院に赴任してきた看護師・晶子。

変態サド医師の餌食となった彼女はやがて禁忌の悦びを知る事に…。

白衣を無惨に引き剥かれ、縛られ悶えて美しい肢体を弄ばれ、患者もいない夜の医院に絶叫と悲鳴が響き渡る!

「白衣の生贄 新谷彩夏」の本編動画はこちらから

女優名: 新谷彩夏

評価が難しい

フェラ・セックスもあり性欲的にOK。

また、緊縛も綺麗で、浣腸、排泄、ハードスパンキングに精神的責めとSM自体の完成度は高いのだが…。

特に最後の細い棒でのスパンキングは非常にハードで、ミミズ腫れに膨れ上がった皮膚は本物。

よく頑張ったと思う。

しかし、スパンキングのテンポが著しく悪い。

「ここを叩くぞ」とお尻にペチペチ棒を当てては素振り(風を切る音を聞かせる)を繰り返す。

これが多すぎ(長すぎ)。

確かに、ハードスパンキングで、いつ叩かれるか不安にさせる精神的責めとしては完成度が高い責めではある。

しかしそれを映像で見せるのはどうか。

退屈になってくる。

本等のSMプレイとしては完成度が高いだけに評価が難しい。

いいような悪いような。

ナースという設定はいいけど女優の顔がイマイチ。

ムチもロウも一通りこなしてるけどボンレスハム状態でのムチってなんだか無駄な労力って感じ。

「白衣の生贄 新谷彩夏」の本編動画はこちらから