【風間ゆみ, 愛川咲樹, 山本艶子】風間ゆみは女優の鑑です。 – 新・母子相姦遊戯 母と娘 #7 風間ゆみ

投稿者: | 2020年11月24日

新・母子相姦遊戯 母と娘 #7 風間ゆみ

「母さんも女なんだよね?」「そうよ、もう枯れてしまったけど…」「取り戻したい?女を…?」愛娘によって女同士の肉交を知った母。

女には歳はない…女である限り女でいられる。

だからこそ私達親子は女であり続けるだろう…。

そう、私達母娘が同性愛に溺れた牝である限り…。

母性と母性が絡み合う、背徳家族愛レズ!グローバルの新たな近親相姦がここに!!

「新・母子相姦遊戯 母と娘 #7 風間ゆみ」の本編動画はこちらから

女優名: 風間ゆみ, 愛川咲樹, 山本艶子

大年増ファン向け

ストーリー物で熟女物だから自分の評価では高いはずだが女優が悪く低評価。

母親役の山本が高齢すぎる。

AVに出られる様なマスクでも身体でもない。

こんなのに唾液交換や汚くて臭そうなマ○コへのクンニは風間も相当な勇気が要るだろうし、見る方でも気分が悪くなります。

熟女じゃなく熟し過ぎ腐っていました。

大年増物のフアンにお薦め。

熟しきっているカラダとはこのことですね。

前評判その通りでした。

無駄の無い熟れきった女性のカラダつきがとても魅力的な作品でした。

ストーリーも練られていて、シリーズ最高峰と言っても過言ではありません。

これはオススメです。

母と娘シリーズでは最高かも

単品ブロードバンドにこれが出てくるまで待った甲斐がありました。

今までの母と娘シリーズの中でも最高なんじゃないかと思いました。

僕は風間ゆみのファンですがゆみさんも熱演していましたし、愛川咲樹のデカ尻もも山本艶子の垂れたおっぱいも妙にリアルでエロかったです。

それぞれ総当りのレズシーンも最後のレズ3Pも淫靡なエロさが出ていてグッドでした。

この3人に囲まれて生活してみたいものです。

風間ゆみは女優の鑑です。

風間ゆみ様の作品を観まくっています。

激しいシーンの多い作品もいいけど、こういうゆったりしたストーリー展開の中で、情緒あふれる風間ゆみ様もとてもいいです。

母子相姦という重いテーマですが、ゆみ様の卓越した存在感で決して後味の悪い作品にはなっていません。

しかし、僕もいろいろAVは観てきましたが、セックスシーン以外で、ゆみ様ほど演技力のあるAV女優は、客観的に見て正直いないのではないでしょうか。

世の趨勢と同様、AV業界も厳しいという報道がありました。

ゆみ様のような演技力のある女優を使って構成のしっかりしたドラマティックな作品ができれば必ずやヒットすると思います。

AVもハードより癒しを求めている時代になっているのではないでしょうか。

ぜひ今後も風間ゆみ様の演技力を生かした作品ができるよう熱望します。

なお、私は他の作品でも書いていますが、決して回し者ではありません。

風間ゆみさまの熱烈な一ファンです。

「新・母子相姦遊戯 母と娘 #7 風間ゆみ」の本編動画はこちらから