【宮沢ゆかり】これはひどいよ! – 初めてのノンフィクション。彼女は何故お尻を解禁したのか。 宮沢ゆかり パイパン

投稿者: | 2020年11月24日

初めてのノンフィクション。彼女は何故お尻を解禁したのか。 宮沢ゆかり パイパン

ミニマム番外編。

初ドキュメント作品。

女優「宮沢ゆかり」のアナルを通して彼女の素顔に迫ります。

まだ誰も見た事がない宮沢ゆかりに最初は戸惑うかもしれません。

だんだんと心が通じ合うアナルセックスも他では見れないほど感じています。

拡張から2穴までお尻とプライベートを探訪します。

「初めてのノンフィクション。彼女は何故お尻を解禁したのか。 宮沢ゆかり パイパン」の本編動画はこちらから

女優名: 宮沢ゆかり

目線を変えて

こういうドキュメント的なネタは得てしてダイレクトなオカズにはなり得ないなんて事もありますが、見るとこは実際の現場と女優さんのマジ話かと。

こんな風に考えてるんだ?がハマれば他の作品の破壊力も増すはずです!多分wこれをやってくれたゆかりちゃんとミニマムさんには拍手?

良作ではある

良くも悪くもドキュメンタリー。

単純なエロではなく、親近感を感じられるエロ。

なんじゃこりゃ

女優はぴか一!演出とカメラは最低。

モザイクかかりっぱなしはいいとしても、アナル接写が全くない。

このタイトルにつられて買う客が何を見たいかわからないのなら重症。

20年前のアナル物でもこんなにひどくない。

妄想をさせてほしい

カラミ自体は悪くない感じでした。

ただ、女優の内幕は、あまり出さないほうがいい。

見る人が勝手にエロい妄想を抱けたほうが抜ける。

ゆかりちゃんには、今後も尻穴全開で頑張ってほしい。

これはひどいよ!

女優さんは、良いと思います。

アナル解禁で頑張っています。

ただ制作に関しては最低です。

モザイクがっつりかかってます。

見えません。

いい加減にしてください。

カメラは意味不明な寄り気味の映像が続きます。

本来なら良い作品になっていたと思います。

他の高評価の作品を一度見られてから、制作された方がよろしいかと・・・。

「初めてのノンフィクション。彼女は何故お尻を解禁したのか。 宮沢ゆかり パイパン」の本編動画はこちらから