【星野ナミ】抗えないおま○この魅力 – おま●こ、くぱぁ。 星野ナミ

投稿者: | 2020年12月6日

おま●こ、くぱぁ。 星野ナミ

自分で自分のおま○こを相手によく見えるように指で左右に広げる行為‘くぱぁ’。

星野ナミが股間でねっとりと男を誘います。

視線で感じ更にアソコを見せつける…肉棒を舐めながら、挿入中で喘いでいる時も赤く肉厚の陰唇をパックリと広げ、卑猥なポーズでいやらしさを倍増させます。

男なら絶対にそそる主観的映像6くぱぁシチュエーションをご覧ください。

「おま●こ、くぱぁ。 星野ナミ」の本編動画はこちらから

女優名: 星野ナミ

いやらしく,くぱぁ,を見せつける恥じらい

女優さんが行為の最中にもかかわらず,くぱぁ,って言いながら,じぶんでオ●ンコを拡げてみせる。

ふだんは使わないだろう科白だけに,照れくさそうに言う星野ナミさんの声がかわいい。

1回だけ,ぱかぁ,って言ってたし。

なんといっても女医編ですね。

着崩れた白衣から露わになる豊満な乳房と大迫力のお尻。

盗撮ふう映像と接写撮影があるから2倍愉しめる。

ナミさんの挑発的な視線もまた,興奮させられる材料としては十分でした。

いいシリーズ

好きなシリーズです。

おっぴろげオマ◯コの接写と淫語がたまりませんよね。

本作品のナミ嬢もこのシリーズにぴったりの女優さんですね。

エロいし、お尻が大きく美しい。

抜きどころ満載のいい作品でした。

流行語大賞にノミネートしたい。

失礼乍当作品の内容は扨て置き、シリーズタイトルが、言語描写巧みで実に良い。

本家以外の他アダルト配信業者では、本家企画タイトル部分●に置き換えた部位を直に文字表記で活用、対象作品、タイトル通りの内容となっている模様。

他業者が流用したくなる此方タイトルは、流行語大賞アダルト部門(若し在れば・・)に是非ノミネートしたい程、好い感じ。

エロいです。

スーツ姿での主観の絡みは衣装が似合っていてとても良かったです。

ラストの主観の絡みはセクシーな下着であそこが至近距離で拝めてエロかったです。

久々に当たり

はじめてシリーズを観ましたが、文句なしでした。

女優さんの美乳、美尻がシリーズ標題を更に卑猥なものとしており、カメラワークも抜群に良かった。

女優さんもほんのりと素人っぽさが残っており、個人的には好印象でした。

本シリーズ、女優さんともに一気に好きになりました。

個人的にくぱぁのまま放尿をさせて、羞恥心をより一層煽るようなシーンがあれば、星5個でしたね。

次回期待しています。

くぱぁ・して魅せる極上の女貝

この時期のモザイクは確かに薄い。

ここまでできたからこのシリーズが成り立ったと言えるし、ここまでやり過ぎたから2016年以降、規制が厳しくなったのかも…。

ナミさんどすけべな本性が伝わる視線を投げかけ、豊満なバストをはじめ完熟の女体を魅せつけます。

そしてすけべさを象徴するような豊かな陰毛がアナル近くまで手を入れない保存状態で拝顔できる悦び。

このシリーズの企画である人差指と中指で、外陰部を秘毛で彩られたクレバスを開いてみせると、色素沈着も認められない肉厚の小陰唇がお口を開き、肉色が目に飛び込みます。

それもアワビのようにぬめっと濡れ光る内襞に脳みそが沸騰しそう…。

最近の作品で観てきた限りここまでの逸品だったとは…。

きめ細かなモザイクならではです。

あらためてAV女優になるべくして生まれてきた女性と敬意を表します。

生で目のあたりにしたら吸い込まれてしまいそうですね。

良シリーズ

星野ナミさんの作品を初めて見たのだが、とても良かった。

美人なのは言うまでもないが、陰毛の生え具合や大陰唇の感じがいやらしく、「くぱぁ」と相性のいい女優さんであると思う。

くぱぁ好きな私にとっては、冒頭のシンプルなくぱぁシーンが一番抜けた。

まぁまぁ

もはや1つのジャンルとなった感のあるくぱぁだが、これに関して言えば、もっと、「キメ」をつくるべき。

せっかくくぱぁしてんのに、カメラがブラブラブラブラして落ち着かないことこの上ない。

「くぱぁ」の前兆から一気に寄ってピタっと止まりなさいよ。

オリンピックの体操みたいに。

しかも「正面斜め下」から捉えてない。

くぱぁの目的を思い出して欲しい。

相手にじっと見せるためのキメでしょ?せっかくの星野ナミがモッタイナイ。

それと「モ」。

なんともつまらない時代になってしまった。

星野ナミは非常にniceだけど

いくら「くぱぁ」って開いても、モザがかかっているからoutlineしか見えません。

このシリーズも、モザが悪化しだして、吉沢明歩第1作2014/12release以来、奥田咲2016/03releaseで、お休みか。

最近のでかモザじゃ、このシリースは成り立たないね。

本作、可もなく(not蚊も鳴く)不可もなく(not負荷もなく) という印象。

「オオーッ」という印象的なシーンは、ナシ。

ナミはniceなんで、1点オマケの「4」です。

ボリューム感が素晴らしい

このシリーズの他の女優さんのを先に買ったが、魅力的な場面もなく、邪魔な男どもがしゃしゃり出てくるという結構ヒドイ内容だったが、ナミちゃんは比較にならないくらい素晴らしい作品です。

やっぱり下半身のボリューム感が圧倒的にエロいので「くぱぁ」も極上!!ア○ル好きにはまたたまらないシチュエーションが目白押しで、もう最高です。

抗えないおま○この魅力

悲しいかな男とは、女性が両脚を開いた姿に魅せられてしまう。

下着に隠された女性器が見たくてたまらなくなってしまうのだ。

目の前に露わになった女の秘密の場所を、見られたことに幸せを感じる。

幼い頃、近所の女の子と隠れてお互いに見せっこした。

じっくり見る女の子のあそこに好奇心を抑えきれず、両脇を広げて中を覗いてみる。

なぜか、いけないコトをしているような思いを感じながら、そのいけないコトにエクスタシーを覚えた。

そんな子供の頃から、男は何も変わっていないのだ。

閉じたおま○こを開いて見ることに興奮してしまう。

そんな男の本能を知った女はそれを見せつけて男を誘う。

いやらしいオンナのカラダ。

おま○ことは女性そのもの。

見ているだけで固くなってしまった自身のものをその中に…ちん○を暖かく、いや、熱く包み込むこの場所。

もっと開いてよく見せてほしい。

モザイクのむこうに妄想が広がる。

くぱぁ…

「おま●こ、くぱぁ。 星野ナミ」の本編動画はこちらから