【吉沢明歩】レトロですな。 – 団地妻 昼下がりの情交 吉沢明歩

投稿者: | 2020年12月7日

団地妻 昼下がりの情交 吉沢明歩

TVからアダルトまで正に日本を代表するNo.1女優・吉沢明歩がROOKIEに電撃参戦!貞淑な団地妻が売春組織で働かされ、金・刺激あるSEX・そして自分に価値を見出してくれる男達に出会い揺れる…大容量&他では見られない80年代の淫靡なエロスを想起させる映像でお送りします!

「団地妻 昼下がりの情交 吉沢明歩」の本編動画はこちらから

女優名: 吉沢明歩

つまらん・・・

初めて、この女優さんの作品を見たけど・・・そんなに可愛らしさが出てたわけでもなく、絡みも興奮せず。

いいところないなぁ。

感無量!

1971年11月、日活ロマンポルノ第1弾「団地妻昼下がりの情事」が封切られた。

これ以降「昼下がりの悶え」「奪われた夜」「歓喜の夜」「昼下がりの誘惑」とシリーズ化され、主演した白川和子、宮下順子は歴史に名を残す女優となったのである。

平成も21年を数え、久々に出現した大輪の花、吉沢明歩が、栄光ある団地妻シリーズの主役に抜擢されたことはさまざまな意味で感慨深いものがある。

本作「昼下がりの情交」は「昼下がりの情事」の基本ストーリーを受け継いでいるからだ。

70年代を知る者にとって本作は、当時の「禁忌」というエモーションでかきたてられた想像力と現代の映像描写が結晶した、まさに夢のような作品である。

一番驚いたのは、絶望的セリフ棒読み状態と、幼稚園年少組程度の演技力しか持ち合わせていない現代の女優さんたちの中で、吉沢明歩が普通に女優レベルの演技をこなしていることであった。

これはエロい!

めっちゃドラマやってます

地上波のドラマだったらもう出尽くしていそうなストーリーありがち?王道?でもAVだからこういったありがちな方がエッチにもってきやすいんですけどねドラマの部分は結構力入れてますねいつもと違うメーカーだから少し期待したが4時間も必要かなぁ・・・パッケージからしてVシネマと言った方がしっくりくるそれと演出上なのかプレイが中途半端に終わるものもあるし、吉沢明歩以外の人のエッチシーンもあります

うにゃ?

やりたい事は伝わった。

でもこりゃダメだ。

そもそもタイトルに偽りあり。

昼下がりじゃないじゃん。

セックス夜じゃん。

団地ならなんでも「昼下がり」ってつければいいと思うな。

期待するから。

このストーリーなら、団地に住んでなくてもいいじゃん。

メイクとか下着、衣装、小道具にもこだわったのは分かる。

黒電話のダイヤルが戻る時のもどかしさとか良かった。

でもロマンポルノは復刻版で見たほうがいい。

昔のメイクって引く。

そりゃアッキーはかわいいけど殺してるよ。

もっと近所との付き合いとか団地ならではの設定、プレイにこだわってほしかった。

浮気相手を連れ込むとこを隣のおばちゃんが見ていて噂になるとか。

良かった

化粧が濃くアッキーの良さが若干消えてる感じもしますが、まあ良かったです。

個人的に騎乗位が好きなので、そのシーンで激しく腰を振るのが特にエロいです。

あっきーの演技とレトロな雰囲気に感動

『三丁目の夕日』的な懐かしさを感じさせる作品です。

吉沢明歩が、倦怠感を漂わせる、アイシャドウの濃い人妻を演じています。

その人妻が、昔の男友達と再会したのをきっかけに、ついその男性と不倫を働き、そのことを近所の奥さんに知られて、夜の商売にはまり込み、次々と客を取るうちに、淫乱な女として妖気を放つほどに熟して行く様が描かれます。

最後は、店に夫が客として入ってきて、すべてが知られてしまい、人妻が本当の愛を求めて、昔の男友達のもとへ飛び込んで行くという結末です。

吉沢明歩の淫微なほどの人妻のねっとり感をよく表現しています。

また、今から30年ほど前のロマンポルノ風の映像と衣装にも、懐かしさを覚えました。

明歩さん良いなぁ・・

失神のシーンに女優性を感じでたまらないです。

ガチでハメ狂う演出もいいんでしょうが、こういうドラマ性のある演出の中で見る明歩さんはほんときれいだなーって思います。

影の主役が

かなりドラマに力を入れている感じで、この作品をAVとしてでなく見ようと思わない限りは、全ての内容をガッツリ見るには辛いでは、Hシーンは、AVらしく、かなり濃厚で、吉沢明歩だけにそこは良い感じ、メイクがちょっと昭和の感じなので雰囲気はいつもと違う何気に、出演者にクレジットされていない堀口奈津美の存在の方が役柄としても重要で、彼女のエロさは最高です。

Hシーンも吉沢明歩に負けていないぐらい妖艶でエロさ満点です。

ヘタクソな演出

あっきーの作品としては、稀に見る失敗作だと思う。

作品の狙いはわかる。

昭和レトロな、ロマンポルノ風の作りを目指している。

だが、全然ダメだ。

ロマンポルノをイメージさせるなら、ロマンポルノの傑作と勝負できるレベルで完成させなければ。

「ダブルベッド」あたりと比べてみれば、本作がどれだけ弛緩しているかわかると思う。

しかもまったく抜けない。

昭和レトロ風のセックスシーンを目指したのはわかるが、スローテンポな迫力のないファックにしか見えない。

シナリオの陳腐さ、緩慢な編集がすべてを台無しにしている。

長尺の作品にしたのが失敗の最大の原因であるように思う。

もっとシナリオを絞り込み、凝縮感のある内容にすれば随分印象が違うのではないか。

レトロですな。

スマホとi-phonの違いが分からない時代の波に乗り遅れまくっているレトロなワシ。

「この子AV女優になったんだ~」と新発見。

いやらしいとかエロいってゆーより「綺麗」ですね。

おっぱいも綺麗・ボデーラインも綺麗。

顔も綺麗。

3Kです。

(使い方違うし、古!!)ようは、フツーの主婦が売春婦になるってだけなんですが、棒読みな演技からの~~~絡みシーン。

でAV女優魂発揮な所がスゴイですな。

この子、芸能人でしたよね?すんません、ワシ女なんで、抜けるか抜けないかの判断は出来ません。

殿方のためのレビューとゆーより、女の感想です(汗)「団地妻」って流行ってるんですか?「アパート妻」ではダメ?

「団地妻 昼下がりの情交 吉沢明歩」の本編動画はこちらから