【桐嶋永久子】もりあがりに欠ける – ドキュメント アナウンサー 桐嶋永久子デビュー 〜彼女はテレ○系列の放送局に1993年〜1998年まで在籍。地上波では放送することの出来ない、本物アナウンサーが見せたかった‘本当の自分’をご覧下さい〜 ディープス15周年特別作品 構成・高橋がなり×監督・マメゾウ

投稿者: | 2020年12月6日

ドキュメント アナウンサー 桐嶋永久子デビュー 〜彼女はテレ○系列の放送局に1993年〜1998年まで在籍。地上波では放送することの出来ない、本物アナウンサーが見せたかった‘本当の自分’をご覧下さい〜 ディープス15周年特別作品 構成・高橋がなり×監督・マメゾウ

ディープス創立史上最高の逸材が専属デビュー決定!!人妻でありアナウンサーである桐嶋永久子43歳。

知性・美貌・気品…全てを兼ね揃えたエリートな淑女が、人前で裸になりセックスを晒すまでのドキュメンタリー。

肩書きや風貌からは想像できないスケベで淫らなセックス…。

この作品は、衝撃以外の何物でもありません!

「ドキュメント アナウンサー 桐嶋永久子デビュー 〜彼女はテレ○系列の放送局に1993年〜1998年まで在籍。地上波では放送することの出来ない、本物アナウンサーが見せたかった‘本当の自分’をご覧下さい〜 ディープス15周年特別作品 構成・高橋がなり×監督・マメゾウ」の本編動画はこちらから

女優名: 桐嶋永久子

寄る年波には勝てないけれど。

ディープスが大プッシュしてる「元テレ○」系列の女性アナ(多分)の桐嶋さんですが、佇まいや振る舞いにそれらしさを感じ取れます。

本番ですが、正直言って下腹部の弛みは隠せないんですが、イク時の表情や桐嶋さんご自身の「SEX好き」振りを感じさせる乱れ方が見所です。

なんだかなぁ・・・

あのアナウンサーがっっっ!!!・・・というインパクトが全く無い。

実際、アナウンサー稼業時代を知らないとぱっと出の素人熟女となんら変わりが無い。

私は熟女好きだが、目を引く程でも無いし、『AV業界で天下を獲りたい』と意気込むが流石にデビュー作品。

そんなにハードでもない。

(まぁ、黒人とかそういう点では頑張った方か)天下が獲れるかはさておき、次回作で真価を問いたい。

デビュー作を見るだけでよいかも…。

最初の男優との女子アナの衣装でのからみは,本人もAVの初体験とあって緊張しており,それが逆に新鮮味がありよかったです。

2番目の攻めるのが得意な男優とのからみは,アクロバットな体位もなんとかこなし,なされるがままの状態で,潮吹き大量お漏らしもあり,アナルもくっきりはっきりと見られます。

パンストの上の下っぱらのお肉が適度にだぶついているのが,熟女らしくて卑猥さを感じられてよかったです。

3番目の黒人とのからみでは,演技力のなさが露呈してしまいました。

AV向けフェラのやり方を,アシスタントの女性から手ほどきを受けているのが素人らしくて微笑ましかったです。

AV男優のテクってなんてすごく感じるんだろうと未体験ゾーンの快感を味わったようです。

元女子アナがAVを実際に体験してみるレポとしては,おもしろかったです。

2作目からは普通の熟女としてしか見られず,彼女も大変だと思います。

素材が全く活かせてない凡作。次作には期待。

同じく本物系女優の田中亜弥さんの事を「やはり、この人は喋らせてナンボ」と評した方がいたが、この桐嶋さんも同様。

SEXシーンだけなら、一山幾らの女優だが、喋りや本物らしさを強調した演出と組み合わさると、凄まじいエロスを放つだが、この作品はそこが全く活かせていない。

サンプルは淫語など良シーンで編集されているが、そのシーン自体も短く、掘り下げもできていない。

折角の教習シーンなども、そのプレイと完全に分断して、ただ漫然とSEXシーンを始めるだけなど、作り手に女子アナものへの情熱も全く感じられない現行の女子アナものはたくさんあるんで、それをナゾラセルだけでも、本物のパワーを背景に凄まじい良作になったはず。

僅かな時間挿入されていた、通常アナウンスと下着アナウンスの画面の入れ替わりなども、裸、パンチラ、フェラでモゴりながらなど様々なプレイとの切り替えなど入れ、長時間にすれば、どれだけ良くなったことか・・・

本物さが伺えます

43歳の人妻で元アナウンサー,桐嶋永久子がAVに出演。

ニュース読みのシーンを見ると,滑舌の良さなど,本物さが伺えます。

そんな経歴を持った女が,赤のランジェリーのまま,恥ずかしくもなく,カメラ目線で,「チ○ポ,チ○ポ」と淫語を連発。

そして,男優との絡みでは,着衣の上から胸を触られただけで感じだし,ファックでは,激しく喘いでイキまくります。

最後は,顔射を浴びますが,「・・・私も,もっと上手になりたい」との感想。

エロさが優先していますね,この女。

一言で言うと、

これは、酷すぎでしょ!あり得ないし、AV業界では大問題ですよ!キャスティングも作品自体にも、大いに問題あり!SOD系は、駄作ばかりですね。

駄作

この世界で名前が通ってる高橋がなり構成でメーカーの創立15周年感謝祭と銘打ってる割には駄作。

がっかり感満載そもそも導入部分が長すぎ。

又、何度かニュースを読むシーンが出てくるけどこんなの不要カメラアングルもへたくそ

もりあがりに欠ける

若い新人でもあるまいに、セックスシーンがぬるすぎる。

ほとんど退屈しそうになった。

この歳でこの顔なんだからもっと過激な描写がほしい。

それと悶える声や表情があまりにも演技くさい。

なんとかならないか。

「ドキュメント アナウンサー 桐嶋永久子デビュー 〜彼女はテレ○系列の放送局に1993年〜1998年まで在籍。地上波では放送することの出来ない、本物アナウンサーが見せたかった‘本当の自分’をご覧下さい〜 ディープス15周年特別作品 構成・高橋がなり×監督・マメゾウ」の本編動画はこちらから