【黒崎みか】惜しい。 – 夫の上司に犯●れ続けて7日目、私は理性を失った…。 黒崎みか

投稿者: | 2020年11月6日

夫の上司に犯●れ続けて7日目、私は理性を失った…。 黒崎みか

大倉局長は、あの日から毎日やって来ては私の身体を弄びました。

まるで私たち夫婦の小さな幸せを掌で転がしているようでした。

夫に打ち明ければ済む話でした、父に話せばすぐに助けてくれる事も分かっていました。

しかし、なぜだか私は出来ませんでした。

大倉局長に力強く抱かれる度に私の身体が、抵抗を失っていきました。

その優しい口調とは裏腹の行為は、私の中に眠る淫らな性に火をともしてしまったのです。

そして7日後…。

「夫の上司に犯●れ続けて7日目、私は理性を失った…。 黒崎みか」の本編動画はこちらから

女優名: 黒崎みか

初のドラマ系作品

父親が夫の勤める会社の社長なので、夫の転勤話を父親に頼んで覆す、というヒロイン像はちょっと我儘キャラの雰囲気があるこの女優さんに合っている。

夫の代わりに転勤させられる上司の男は恨みをヒロインにぶつける。

この上司像もシリーズの中では新しい。

黒崎みかは、「上司のオンナ」に堕ちてゆくという内面の変貌を表現するには、まだ演技力が不足している。

それでも、一度は決まりかけた上司の転勤話を父親に頼んで再び覆す(=自ら、上司との不倫関係を続ける選択)、という「女の魔性」の気配は感じさせた。

最高!!

企画ものの作品(S級素人)で気に入り、名前を調べて黒崎みかの作品を見るようになりました。

この作品はストーリー自体は、夫の上司に寝取られ、次第に快感となり・・・というよくあるNTRものではあるが、ストーリー云々ではなく、彼女が最高です。

特に相手に心を許してしまう最後のカラミでは、長時間に渡りねっとりとしたカラミが見られます。

自分から積極的にいくことはなく、あくまで受け身ではあるが、キスでは舌を絡め、正常位では腕を絡め、相手を受け入れている感じが自然で、すごくいいです。

体位もバックでの上方からのピストンや、足を上げた正常位等、深い挿入の体位が多くて興奮します。

この黒崎みかはものすごい美女という訳ではなく、ダイナマイトボディという訳でもないが、カラミのときの体のくねり方や表情がかなりそそられる、エロいい女だと思います。

こんな子とできるならこの上司のように毎日でもしたくなる気持ちが分かるほど興奮した、個人的にはここ数年でも1,2を争うお気に入りの作品です。

惜しい。

素材は文句なし。

丁寧に撮られてると思いますが中盤廊下でバックから犯●れてるシーンは冒頭ずっと顔を下に向けたままだったので顔を上げ、だらしなくよだれを垂らす演出が見たかったです。

喘ぎ声は終始押し殺すような感じでしたがもう少し完落ち後からのセリフがあると良かったです。

今後に期待ですね。

「夫の上司に犯●れ続けて7日目、私は理性を失った…。 黒崎みか」の本編動画はこちらから