最後のお風呂のシーン – 密着生撮り 人妻不倫旅行 #113

投稿者: | 2021年1月11日

密着生撮り 人妻不倫旅行 #113

人妻頼子(40)。

初対面の男と人妻が一泊二日の小旅行。

過酷な現実に翻弄される人妻に24時間密着。

「前を向くしかないから…」お互い初交際だった二人がそのまま結婚、18年が経った。

3人の子供と夫、その両親…七人家族の生活は毎日が戦争。

掃除や洗濯、炊事に姑の機嫌取り…あっという間だった…そう過去系で語る人妻の表情が曇る。

それは晴天の霹靂だった…幸せな家庭に振って沸いた異変。

人妻の口から次々に語られる衝撃の事実…。

誰かに聞いて欲しかった…心の平穏を求めた人妻は旅先で初対面の男に抱かれ切なく喘いだ。

「密着生撮り 人妻不倫旅行 #113」の本編動画はこちらから

AVで感動の涙・・・

AVで、初めて感動の涙を流しました。

演出か真実かは置いといて、感動しました。

女優さんのかわいい笑顔と、性格のよさに癒されました。

今後が気になります。

ぜひ、続編を製作して欲しいです。

やっぱり、このシリーズは早送りしないでなが~いトークで女優さんの性格と素性を知った上で観るのがいい

佳作です

期待を裏切らないクオリティですが、あらゆる点で高橋監督らしさが凝縮されているので、かえって新鮮味に欠ける印象を受けました。

既視感というのかなー。

まぁ、どんだけ見とんねんという感じですが(笑)また、今回の女性、これはあくまで個人的な印象ですが、若干インチキくさいかも…いや、やらせっぽいというのではありません。

むしろ、かなりリアルではあると思います。

そういう意味のインチキくささではなく、あまりに状況説明が主観的すぎて。

たしかに、ひどいだんなさんとお姑さんだけど、人間関係ってそんなに一方だけが悪いってもんでもなかろうと。

なんかこう、悲劇のヒロインタイプですね。

こういう方は、けっこう同じことを繰り返しはる気が。

僕が監督の立場なら、若干引き気味になります。

脂の載った腰ガクガクと、かわいい童顔と良い性格のギャップが

いわゆる「AV」の部分は私の中では最高評価です。

童顔のカワイイ・ヒトが、始めの受け入れがたい表情から、やがて自ら舌を差し出し、童顔とギャップのある、脂の載った皮下脂肪を間歇的にぶるぶると痙攣させてイクさまは何度見ても興奮します。

 このシリーズの特徴の「ストーリー」はと言えば田舎暮らしの暗い面を思い起こさせます。

でもそれ故このかわいい奥様が一晩、晴れ晴れと、「ダンナよりイイ」と皮下脂肪をプルプルさせてイクのです。

皮下脂肪ガクガクと、かわいい童顔と良い性格のギャップが初めてレビューを書く気にさせました。

彼女元気で居ておくれ・

最後のお風呂のシーン

レビューは概ね皆さんの言っておられる通りです特筆すべきは最後のお風呂のSEXシーンでしょうあの高橋さんがバックで激ピストンします(高橋さんはこのシリーズではハメ撮りのためなのかあまり激ピストンをしません)女優さんは腰をヒクつかせいってしまいます抜いた後も震えがとまってませんこのシーンだけでも見る価値はあるとは思います短いですが……

「密着生撮り 人妻不倫旅行 #113」の本編動画はこちらから