【新山沙弥】痴●映画館10 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 新山沙弥 – 痴●映画館10 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 新山沙弥

投稿者: | 2020年11月9日

痴●映画館10 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 新山沙弥

友人と映画を観に行った時の事でした。

私は自分の背後に違和感を覚えたんです。

再び夫と映画館を訪れた時、私は違和感の正体を知りました。

あの日後ろの席に座っていた男に、トイレで犯●れてしまったんです…。

「痴●映画館10 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 新山沙弥」の本編動画はこちらから

女優名: 新山沙弥

挑発的な微笑みが印象的

団欒しながら、今日の出来事を夫に打ち明ける彼女【冒頭で仲の良い姿を見せる事で、ビフォーアフター強調するための毎度の手段でしょうねぇ】再び、彼女は夫とともに映画館にやって来たが、ここでトイレを覗かれて、レ●プされてしまうレ●プされたカラダで、夫の隣に座り、映画を観ながら、痴●を甘受するのであるその後、覗かれた時の映像を送りつけられて、怯えながら痴●のいる映画館にやって来た彼女は男子トイレであり得ない姿にされてから、館内で辱しめを受け、上映中に声を殺して悶える概ね、「こんな所で…なのに、なのに私ったら…!」のテーマに沿った内容です特筆したいのは、逃げるように帰宅した彼女が「縛られた裸」を鏡に映したシーンです彼女の中で「理性」と「本能」が逆転した瞬間だと思いますこのシーンは好評価しますが・・この後、自宅に現れたあの痴●とベッドで見つめ合ってキスしてから、感情の籠ったSEXを興じて魅せるが、あまりにも堕ちるのが早過ぎる印象ですこのSEXシーンに後半の大部分を割いているが、単なる浮気にしか見えない。

もっと平凡で幸せな日常との決別に悩みながら、葛藤の末に痴●を受け入れて行くようなシーンを最低1~2カット入れて欲しかったラストに魅せたほほ笑みが完堕ちの証と思うが、誘うような視線にエロスを感じた!三重丸です!変態アイテムに縄を使った事で、シリーズの新展開を予感させた事と、ラストが良かったので、おまけの★4つとします~追記~新山沙耶さんには、是非とも、アタッカーズの名シリーズである「貞操帯の女」「野外露出調教」「公開調教クラブ」「焼印の女」などに主演してほしい素晴らしいマゾ演技を期待したい

女優は素晴らしいのに

まったく説得力のない展開がひどすぎる。

映画館のこのシリーズも、最初の方は楽しめたが最近は駄作の連発。

もうやめたら?

痴●映画館10 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 新山沙弥

悪くはないと思う。

女優はいいしエロい展開も中々。

カメラアングルも上手くやってるから今後も贔屓したいと思えた。

「痴●映画館10 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 新山沙弥」の本編動画はこちらから