【神崎久美】本シリーズ久々の快打 !! – 母子交尾 [嬬恋路] 神崎久美

投稿者: | 2020年11月8日

母子交尾 [嬬恋路] 神崎久美

広一が25歳の誕生日、○い時から離れて暮らす母から1通の手紙が届く。

……母久美からだった。

「20年ぶりに、成長した広一に会いたい」そう記されていた手紙を見て、広一は久美と会う事に決めた。

「母子交尾 [嬬恋路] 神崎久美」の本編動画はこちらから

女優名: 神崎久美

確かに、演技は巧い!母親から女へと変化する時

一回目終わったあとの「あ~してしまった~」という表情、膝枕でだんだん自分が母親ということよりも女であることに目覚めていく過程、この辺は素晴らしいですね。

最初の想定もいいし、母子交尾シリーズの中でもとても丁寧なつくりをしていると思います。

若いころはアイドル系のような感じだったように思うのですが、もう少しエロさがあればなあ、という感じ。

でもいい作品だと思います。

罪悪感と嫉妬に身悶えて

母親(神崎久美)に棄てられた息子。

20年後、嬬恋で再会するが、つい恨み言を。

「広一に許してもらうためなら、何でもするから」と詫びる母親の唇を奪い、乳を吸う。

抗う母親を「何でもしてくれるって言ったろ」と座卓で手マン、クンニで追い上げ、布団で乳頭や陰茎をしゃぶらせる。

正常位、前座位、騎乗位、後背位、正常位で胸射。

異性として愛していることを互いに告白し、口づけ。

膝枕で耳掻きされながら、「ねぇ、何人ぐらいと付き合ったの」「5、6人じゃない」若い娘と比べられて恥らう母親に、ストリップ、開帳させ、指マン、クンニし、正常位で交わる――。

朝、露天風呂の洗い場で抱き合ってべろキス、乳吸いし、仁王立ちフェラで口内射精。

岩風呂の縁で指マン、クンニ。

正常位、立ちバック、正常位で「中でいっぱい出して」。

美肌でスタイルもいい久美さん。

乳房は小ぶりだが、乳首は大きい。

罪悪感と嫉妬に身悶える母親を熱演している。

傑作

女優の演技力も高めだが、あまり見かけないイケメン男優も演技力あるし、陰のある存在感が生き別れ親子の再会というシリアスなテーマに合っており雰囲気を盛り上げた。

父の浮気が原因で失踪した母という設定であり、とばっちりを受けた息子への贖罪の気持ちから「許してもらうために何でもするから」と口走ってしまったために息子に犯●れる。

こんなこといけないと思いつつ拒めないマゾっぽさがエロくていい。

中盤のカラミが途中でフェイドアウトするのは本番の回数制限があるしシチュエーションも被るので妥当な演出だろう。

最初のカラミの密着感も文句なしだし、露天風呂でのハメでは母に中出しをおねだりさせる演出がよかった。

今後も近親相姦がずっと続くことを示唆するエンディングもいい。

中盤で浴衣の下に下着をつけさせた以外は総じて期待したツボを外さない完成度だった。

本シリーズ久々の快打 !!

快打の条件としては女優が美人、全裸が綺麗、抜き差しが明確に撮れている、などが挙げられるだろう。

 本作での神崎久美はこれらを満たしており、また、本シリーズの欠点だった照明の暗さが本作では改良されているので、星5つとした。

 高坂保奈美(澤村レイコ)、友田真希主演の2作と並ぶ秀作と言えよう。

 母にねだり、自らの指で開帳させるシーンが2回あり、特に2回目では女陰の形がハッキリと撮られている。

 小生の好きなクンニも長回しで撮られておりポイントを上げている。

 最初の部屋での絡みは神崎が前座位に体位を変えて自ら積極的に腰を振り始め、ここで母親から女に変貌する。

花模様の浴衣を脱いでストリップを強要され、挙句に自らの指で開帳、アワビが動ごめくような大きな女陰が露わになる。

86分から終盤の露天風呂での絡みは強要される自慰も含めて秀逸で抜き所満載である。

「母子交尾 [嬬恋路] 神崎久美」の本編動画はこちらから