【さくらゆら】1.5人称で曖昧な主観作品 – ゆらちゃんの感度びんびん初体験 さくらゆら

投稿者: | 2020年11月14日

ゆらちゃんの感度びんびん初体験 さくらゆら

恥ずかしがり屋の‘ゆら’ちゃんが自分の殻を破るために色んな初体験にチャレンジ!カメラに向かってベロキス、淫語で興奮させる手コキ、瞳を潤ませデカチンフェラ、全身ぬるぬるローションSEX、指ズボオナニー、ハァハァ息切れ3P、じゅっぽりお掃除フェラ!緊張とドキドキで感度が研ぎ澄まされ、じゅわ~っと愛汁滴るおまんこを愛撫されぴちゃぴちゃイキ潮連発!ゆらちゃんがエッチに大人にステップアップ!

「ゆらちゃんの感度びんびん初体験 さくらゆら」の本編動画はこちらから

女優名: さくらゆら

プレイはぬるいけど抜群にかわいらしい

内容は以下の通り1カメラに向かってべろちゅうガラスに向かってべろちゅうかわいい2手コキ乳首舐め手コキ3フェラ抜きほっぺへこませドングリ眼カメラに向けフェラ胸射4sex競泳水着着てプレイポニーテールがかわいいローション使ってヌルヌル胸出しでフェラして全裸になりバックでは、自ら腰振り騎乗位で頑張って腰振り胸射5オナニー指入れオナニー6 3PWフェラもじゅぽじゅぽして尻射3Pプレイはぬるいけど抜群にかわいらしい私はレンタルでこれを見てるが今発売されている作品でもっとエッチになっていることに期待したいいわゆる不思議ちゃんだが本当の素顔が見たいですね

ザ・美少女

・あそこのおけけがエロい・パケとは若干違うけど、ちゃんと美少女・ローションプレイが秀逸良いです。

絡みは2回だが、指ズボオナニーがあります!

冒頭下着姿でカメラに向かってベロキス舐めをし、ブラジャー外しておっぱいをカメラに押し付けて乳首が上へ下へとコリコリして甘い吐息を漏らし、またベロキスその間も甘い吐息は漏らしまくりです。

1回目はスクール水着半脱ぎでローション塗って正常位挿入、側位、全裸にして寝バック、バック、背面騎乗位、一旦抜いて背面騎乗位素股してからまた挿入、騎乗位、対面座位、正常位でのピストンに息も絶え絶えになり腹射微痙攣お掃除フェラ。

2回目は3Pで全裸でバック挿入、背面騎乗位、立ちバック、逆駅弁、正常位、騎乗位、正常位、駅弁、バックで激しくピストンして1人目が尻射お掃除フェラ、2人目は正常位でパンパンと音を立ててピストンして胸射息も絶え絶えになりお掃除フェラ。

さくらゆらさんは目が綺麗で喘いでいる表情や喘ぎ声が可愛く、スタイルも好きです。

作品を観てるとムラムラが止まりません。

さくらゆら、は「2人っきりのゆらり温泉旅 」に続いて…

2本目。

ロリカワなのに立派な剛毛、goodです。

しかしハメは1時間以上、たってからかよ。

シミケンとのlotionFUCK、あんなにネバネバしたlotionって、なかなか、ないのでは。

最後の、沢木・黒田の親爺コンビとの3Pは、変態援交のにおいがして、なかなか。

でもまあ、可もなく(not蚊も鳴く)不可もなく(not負荷もなく) という感じ。

かわいい

見どころはローションセックス。

スクール水着でもてあそぶだけ弄んでの絡み。

ゆらちゃんのカメラを追う目線。

とてもいいです!この子は声の出し方、喘ぎ方かいいよね。

そして一生懸命Hしてる感じがたまりません。

ただ、見どころはこのローション・・・!

可愛い

とにかく可愛いです。

肌荒れとかブツブツが全くない綺麗な体をしてるのに、陰毛はケツ毛までビッシリといったギャップがたまらない。

1回目の絡みのローションとスクール水着の設定は中途半端でいやらしさが伝わってこない。

普通にHしてくれればいいのにって感じ。

個人的にはわき毛の剃り跡が見れたのが唯一の救い。

2回目の絡みの3Pでは、陰毛びっしりなピンク色のおまんこを広げてるところはエロかった。

Hの方も色んな体位で感じまくるゆらちゃんが見れてGOOD。

あとはインタビューやフリートーク的なものがほしかった。

絡みもオナニーも前触れなく始まるので感情移入しにくい。

それでもこれからの期待値を込めて星5個とします。

普通

さくらゆらはかわいいが、内容が普通すぎる。

特に見所ないエッチが続く。

ごくごく平凡なエッチをするだけ。

退屈な作品でガッカリ…

伝説のAV女優になれるか??

あの、古都ひかるに似ていると思うのは私だけだろうか??顔も話し方もそっくりだと思う。

ジャケ写も可愛い

本編始まって、あれ?と思うのが女優さんの顔がパケと違う?なのですが本編の顔もそれはそれで可愛いので良し!というw下がジャングルでそれはそれでギャップ萌え?

今回も

顔射は無いので、プレイ中の顔やスタイルと雰囲気で楽しむ方向で。

次回作も無さそうなで、その次には顔射に期待したいところ。

ちなみにkawaiiでは珍しく最先端の強力なプロテクトが適用されています。

即買いましょう。

1.5人称で曖昧な主観作品

基本的には、さくらゆらさんは美少女に入ると思うが、特に前半部分、変顔ショットが多かったり、ローションの盛り過ぎで体のラインが分からなくなったりと、綺麗に撮影されているシーンが少ない。

要するに、彼女の可愛らしさがあまり生かされていない。

主観映像を狙って始まるが、シナリオは棒読み、必要な演技力と経験が不足している。

カメラは男性視点になければならないはずだが、しばしば不自然に移動してしまう。

最後の3Pは、比較的鑑賞に耐えられる方だが、ここでも女優さんがカメラ目線で、中途半端に没入できず、不満が残るので、この評価。

なんだか、作品に恵まれない印象の女優さんである。

「ゆらちゃんの感度びんびん初体験 さくらゆら」の本編動画はこちらから