【緒川凛, 二宮ナナ】演技は良いが – 弁護士の罪深き絶頂 スーツの下の性感帯 緒川凛 二宮ナナ

投稿者: | 2020年11月15日

弁護士の罪深き絶頂 スーツの下の性感帯 緒川凛 二宮ナナ

強●罪で服役していた野坂が出所後向かったのは、自身の弁護を担当した菜々子のいる裁判所だった。

法廷で熱弁を振るう菜々子を食い入るように見つめる野坂。

菜々子はまだ、自分が犯●れる事になるとは知る由もなかった。

「弁護士の罪深き絶頂 スーツの下の性感帯 緒川凛 二宮ナナ」の本編動画はこちらから

女優名: 緒川凛, 二宮ナナ

強●魔を睨む気丈な女弁護士が…淫獣に溺れ身悶える!

強●罪で裁かれる男反省もせず弁護士を逆恨みして…0:11出所した男が!泣き叫び懸命に抗うが女唇に剛直が!最奥に注がれる精液涙する女…0:29居座る淫獣執拗に女肉を弄ぶ男巨根が女唇を蹂躙する口元に迸る男汁唇を懸命に閉ざす女1:02欠勤一日中挑む獣巧妙な責めに躯が…1:08心配し訪れた恋人ドア越しに話しながら弄ばれ…彼を帰すや従順に男根を咥える女迸る精液口腔に受け入れる1:15淫具を装着し出勤淫らな振動歩けない…事務所から男を見つめ股間に指を這わす女公判中も蠢く淫具感じちゃう…控室に招き入れ身を委ね喘ぎ啼き身悶える一物様に尽し男を煽る女荒々しい責めに嬌声を挙げ淫らに腰を振りよがり啼く迸る精液を胎内に受け…逝く!容姿の劣化を主張される方へ確かに嫌悪する表情は…でも溺れていく姿は素敵でした!

高いレベルの芝居とセット。堕ちてゆく過程の描写が良い。

裁判所のシーンでは昼ドラ程度にはセットもエキストラも確りした芝居を見せる。

レ●プシーンで女優は存分に抵抗し演技力を見せる。

前戯無く挿入されて抵抗を弱めただ涙を流し、感情を殺して耐えるが中出しには抵抗するリアルな芝居。

次のシーンでは抵抗しつつもローターで意に反して快感を与えられ我慢していた小便を漏らし、嫌がりながらも手マンに股間を濡らす。

頑固に抵抗するが結局イラマされ、挿入を受け入れて迫真の演技で嫌がりながら犯●れる。

犯●れ続けた女は無表情だが従順にフェラをする様に成り、翌日リモコンバイブを装着して出廷する。

法廷で快感を感じた女は閉廷後直ぐにレ●プ犯と接吻を交わし落ちた事を見せる。

控え室では余り抵抗せず快感を受け入れ、積極的では無いセックスで快楽に喘ぐ。

ラストも良いので最後まで見るべき。

なっちゃってるの

やらしさを強調するんじゃなくてストーリー制を重視してほしかった。

結局は普通のAVになってる

なんていうか・・・・

作りも丁寧だし、演技も上手い。

十分エロい。

・・・・ただなぁ・・・・なんか満足出来ない自分がいるんだな。

期待し過ぎた反動っていってしまえばそれまでんだが、出来が良いからなぁ。

すっごくモヤモヤする。

堕ちた後のカラミがもうちょっと観たかったかな。

嫌々の対岸にある別の犯●れたい欲求。

そこが足りないのか。

厳しいけど、買って満足だが満点は付けない。

緒川凛の迫真ある演技力には脱帽だけど・・・

緒川凛の弁護士ドラマもの。

レ●プ犯の裁判をしてレ●プ犯が出所した後にレ●プされ自宅に軟禁され性奴●にされていくという内容。

相変わらずの美乳は健在でもうちょっとおっぱい攻めが欲しかった。

セックスシーンが照明をドラマじみてて夕日の中とかなのであまり裸体を堪能できなかったのとAVをオナニー道具の1つしか捉えていない人から見ると演技が上手く過ぎて抜けない点がマイナスポイント。

ドラマシーンは合計すると30分くらいはある。

レ●プシーンの演技は迫真で演技力はかなり高い。

(アイポケと大違い)リアルな感じを求める人には十分満足できる作品。

緒川凛出演作品のベスト3と呼べる秀作

ストーリーが中々綿密に作られ、息をつかせず進む。

強●罪の男を弁護したことから始まる。

全く反省の色を見せない男に減刑を訴えるが、判決は求刑の5年。

緒川をにらみつつ退廷する男。

5年が過ぎ、男が戻ってくる。

緒川の自宅に押し寄せ、緒川を手錠をかけ●す。

ここからが緒川の面目躍如。

恐怖におびえた表情で激しく抵抗しながら犯●れる。

男は居座り、執拗に彼女を●す。

豊満な乳房が揺れ、大きく広げられた股間に、少し濃いめの陰毛に覆われた、肉厚の秘部がむき出しとなる。

下からカメラは秘部、腹、乳房を写し取る。

迫力がある。

最後をどう締めるかと思ったら、彼女の自宅で捕まった男が罪状認否で、彼女との関係を隠し、彼女を守って刑に服すると。

きれいな終わり方。

秀作としたい。

劣化

何で 容姿のついてのレビューがないんだ?お前らは ネットの工作員か?明らかに容姿が劣化してるのに何で言及がないんだ?客観 公正なレビューを求む韓流じゃないんだからさ第三者的なレビューを求む

緒川凛の最近作は、良い出来が続く

『支配された…』はデモ動に田淵御大の姿があったので、ますます観てみたいと。今作もデモ動画の緒川凛の容姿は美しく、且つ『凛』とした表情も決っていた。デモ動は、自信のある監督・メーカーは概して、長めになっても概要を提供する傾向がある。視聴者が観てガッカリしないよう、売る側の誠実さを示すと私は思う。内容に付いては今回は他の方に委ねたいが、緒川凛のファン(かな?)として、2作品とも、メイクが「とんでも悪く」なくてホッとしている。フツーにメイクされれば、以前の或る1作の「タヌキのメチャメチャ老け顔」にされることは無い。この2作ともGood!!1作目の展開が「やゝ」なので、2作合わせて☆4にしました。老化は誰にもあり、しかし必ず=劣化では無く、また、どの女性を美しいと思うかは十人十色なので、気に喰わない作品・女優さんなら、自分のレビュー枠内で留めるのが一般だと思います。

良作だがオカズとしてはやや弱めか。

理性的な話が全く通じないヤバい変質者という役に保坂順がハマり、緒川凛の演技の上手さもあり、前半1時間まではかなり悲壮感漂う。

中盤で転調。

犯●れる事に馴れてしまった体に起こる異変。

この転調シーンは疑似だが裸体も綺麗でエロかった。

ローター歩きはいつもと一緒。

オナニーは無し。

法廷待合室ソファーでの最後のカラミは赤焼け白飛びした画面が好きになれず。

雰囲気重視で肌の美しさが犠牲に。

緒川凛は男に媚びるのも下手そうだし、セックスもさほど好きそうでもないが、その普通感がいい味を出している。

不器用で実直そうな内面が画面から伝わって来るのも面白かった。

法廷ものと言うより自宅軟禁の要素が強くそこが勿体なかった気もする。

二宮ナナは回想シーンの端役に過ぎず、これも贅沢過ぎたか。

しかし金と労力のかけ方には頭が下がる。

利潤追求主義の閉塞感が見えない。

制作を楽しんでいそうで、そこを粋に感じる。

演技は良いが

緒川凜の演技は中々良く、表情から雰囲気が良く感じ取れる。

ただ肝心のエロ要素が弱く、弁護士が自宅で襲われあっさりと監禁される展開も正直強引過ぎると思う。

元々アブノーマルな性癖の持ち主、と処理をすれば問題無いのだろうが、映像のインパクトの弱さ、シナリオの説得力の弱さがやはりエロを減らしていると思う。

「弁護士の罪深き絶頂 スーツの下の性感帯 緒川凛 二宮ナナ」の本編動画はこちらから