【倉多まお】バレない不倫は・・・。 – 待ちきれなくて 倉多まお

投稿者: | 2020年11月23日

待ちきれなくて 倉多まお

大手不動産デベロッパーに勤める夫と社内結婚し3年目の専業主婦・美鈴はある真夏日、大学時代に憧れていた著名な建築家・岡島が道に倒れていたのを見掛け介抱する。

予定していた自宅のリフォームをお礼にと引受けてくれる事になり喜ぶ夫婦だが、岡島が引受けた理由はそれだけではなかった…。

「旦那さんには見せた事のない卑猥な姿を見せてくれ」美巨乳女優:倉多まおが淫靡に溺れていく。

「待ちきれなくて 倉多まお」の本編動画はこちらから

女優名: 倉多まお

艶っぽさが出てきたナ!

まおちゃんの躰は申し分ない。

おっぱいの大きさ、上向きな乳首、弛みのない腹部、邪魔にならない程度の恥毛。

そして子供っぽさの残るマスク。

そんなまおちゃんに艶っぽさが出てきてゾッとする品とか余裕とかを感じた。

今までのまおちゃんは可愛くておっぱいがデカいだけで、絡みになるとバカっぽさが目に付いて見てられなかった。

今作は、まお作品の№1になるだろうとコメントにあったので購入し見てみた結果、可愛さ+プチ妖艶さ、鍛えたのか腹部の弛みがなくなり、勃起した乳首が目立つ体になっていた。

演技はとやかくは言わず作品の流れの中でまおちゃんを鑑賞する最高の作品になった。

男優と女優のおかげ。なぎら健造はまあ、こんなもん。

「憧れの男が自分を女として求めてきたら」というテーマで堕ちていく人妻を描いた作品。

すっかりいい女優に成長した倉多まおと田淵くんという組み合わせで期待するなと言う方が無理だが、実際、緩急をつけたカラミの質はかなり高い。

主に田淵くんの力量によるものとはいえ、そこにほぼ完ぺきに対応した倉多まおも高く評価されるべき仕事をした。

定型化された「あな許」型AVを子分に量産させてアタッカーズを堕落させた張本人であるなぎら健造だが、この作品ではそこにじゃっかんの修正を加えようという意図が見える。

たとえば最初の本番ではたいてい女は半着だが、この作品は全ての本番がほぼ全裸。

しつこいくらい着エロにしがみついてきたなぎらとしては、かなりの変節と言えよう。

一方、細かいディテール部分では不満点もかなり目立つ。

たとえば田淵くんのじらしや、挿入されるタイミングで股間のアップにしてしまうカメラワーク。

じらされてる女の表情、チ○コが入って来た時の女の反応は撮らなければという意識が低い。

また、最初と2番目の本番は中出しではなく舌上射精なのだが、飲むのか出すのかあいまいなまま次のシーンになってしまう。

これは古いAVの悪癖。

ちゃんと最後まで描写しきるべきだろう。

2番目の本番では緊縛や拘束を取り入れると見せかけてコス程度の変化に終わってるし、録画されながらのセックスというアイデアを盛り込みながら、それがまったく機能していない。

ちゃんと仕上げられないプレイは蛇足でしかない。

細かいことだが、最後の中出しの瞬間、倉多まおの手の位置がさまよってしまったのも残念だった。

完全に力を抜いて射精を受け入れるのか、あるいは自分の中で果てた男を抱きしめるのか、女の意思が見える演技を期待したかった。

とっさの迷いが完成度を下げてしまった感じ。

他にも人妻が確認もせずにドアを開けてしまう無防備さとか昔からあったディテールのいい加減さは相変わらずで、監督の力量不足を感じる部分が多々あるにも関わらず、男優と女優の完成度のおかげで水準以上に仕上がってるのはすごいかもしれない。

正直、監督なぎらにはほとんど何も期待していないが、今後も作品を作り続けるつもりなら、おごらず精進してほしいと思う。

最高

今まで見た事なかったがこんなにも綺麗な体と可愛い女優がいるのがわからかった最高の女優になかなか合わないものだなぁと感じられた

ずっと乳首勃ってるムッチリボディー

倉多まお、数多くの作品に出ているが、これまであまり気に掛けておらず、本作は田淵とのねっとりプレイに期待して鑑賞。

何かずっと乳首勃ってるなぁ~という印象。

だんだん堕ちていく演技も上手いですね。

おっぱいもプルプル。

ムッチリ体型なので、個人的にはウエストがもう少し締まっていればベストだなぁと思った。

最後の堕ちた後のプレイも、全裸シーンが長く満足。

良作ですね。

照明の当て方もまずまずかな。

あと、どうでも良いけど、最初に田淵にヤラレてしまう水色のソファーが結構ボロかったのが気になってしまった(笑)。

これはもう彼女の

最高傑作なのでは亡いだろうか?熟れきった女体をくねらせながら快楽に堕ちていく素晴らしくエロいですね最初の絡みでもう少し抵抗あってもいいと思いますが

夫ではない男に耽溺する女の貌

夫以外の男に迫られ、交わり溺れてゆく妻、という、なぎら監督にとっては作り慣れたストーリーラインですが、後半の耽溺の表現がアタッカーズのシリーズよりも一段深めに描かれ、前半との落差、変化のコントラストがより強烈な興奮を誘います。

特に印象的なのが倉多まおさんの表情。

夫ではない男に燃え上がってしまった恋情をまっすぐに表現していて素晴らしいです。

アタッカーズのシリーズではここまでの表情はあまり見たことがありませんでしたのでちょっと驚きましたが、大満足です。

そしてもうひとつ素晴らしいのがやはり倉多まおさんのボディ。

なぎら監督ならではのライティングと組み合わさって実に美しい陰影を描き出しています。

淫靡なドラマと美しい映像、なぎら監督作品の真骨頂といえる一本だと思います。

最高のデキ

なぎら監督の作品はアタッカーズでなん十本と観てきましたが、これは素晴らしい。

ないようはいつもの展開ですが、ここのところの閉塞感をぶち破る素晴らしい作品に仕上がっていました。

やはり前半と後半の落差の表現が秀逸でそそりました。

もちろん主演の倉多さんの演技は素晴らしく墜ちていくオンナがしっかりと表現できていました。

彼女のキャリアハイの作品となったのではないでしょうか。

この路線で益々の活躍を期待しています。

バレない不倫は・・・。

不倫じゃない。

なのでドラマとしてはつまらない。

更に最初から受け入れてしまっているので、背徳感も薄い。

「待ちきれなくて 倉多まお」の本編動画はこちらから